皆様こんにちは。
ことのは、中小企業診断士の山下典明です。

 

事業継続計画(BCP:Business Continuity Planning)
どこかで聞いたことのあるワードだと思います。

3.11、東日本大震災の発生後、現地工場の操業停止や流通ルートの麻痺等が発生、多くの会社が危機的状況に陥ったこともあり、平常時の計画・訓練により緊急事態に備えるよう、国からも多くの喚起がなされました。

とはいえ、人間とは忘れやすい生き物です。平常時が長く続くと、そんな危機感も薄れてきます。私も例外ではありません。事業継続計画(BCP)という言葉は知っていても、具体的な策定までは行っていませんでした。身に覚えのある方は、多いのではないでしょうか。

12月29日、弊社「ことのは」では、事業継続計画(BCP)策定を行うことにしました。
※参考記事:事業継続計画(BCP)入門コースをやってみた。

何か大掛かりなことのように思えますが、そんなことはありません。
約1時間程度でできる内容です。

経済産業省 中小企業庁から、事業継続計画(BCP)に関する指針、そしてフォーマットが公開されています。国が公開するモノだから、完成度の高い、見栄えの立派なもの、しかし運用となると手が出ないモノなのでは?と思いがちですが、、、この度はそのあたりを勘案、運用に耐えられるモノとなっています入門基礎中級上級、以上4つのコースが設けられています。

ホームページ:http://www.chusho.meti.go.jp/bcp/
※色々ダウンロードできます。

弊社「ことのは」では、入門コースをやってみることにしました。
検討することは、、、


  1. BCPの基本方針 (チェックを入れる)
  2. 被害想定 (国が用意してくれている)
  3. 重要商品提供のための対策 (自社で考える)
  4. 緊急時の体制 (統括責任者や具体的対応)
  5. BCPの運用 (自社で考える)

以上の5つです。

検討するにあたり、みんなで画面を共有できるよう、国のフォーマットを基にパワポを作成いたしました。アップロードいたしますので、もし活用できそうであれば、ご自由にダウンロードしてください
ダウンロード・・・ことのはBCP検討シート(ひな形)

検討イメージは、下記のようなものです。なんとなくササッとできそうですよね。
このササッと感、着手する上では重要です!
そして、たったこれだけのことですが、事前に考えておくとのそうでないのとでは、緊急事態が発生した際に大きな差が出ます。


1.BCPの基本方針


2.被害想定


経済産業省 中小企業庁ホームページにてダウンロードしてください。
http://www.chusho.meti.go.jp/bcp/download/level_d/bcpent_01.pdf


3.重要商品提供のための対策


4.緊急時の体制


5.BCPの運用

 

社内研修の一環として、事業継続計画(BCP)、実施してみてはいかがでしょうか。

中小企業診断士 山下典明


 
 横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
 〒231-0002
  神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
  TEL:045-264-8970
  FAX:045-264-8971
  E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
  FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
  Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha