皆様こんにちは。
ことのは、中小企業診断士の山下典明です。

 

事業継続計画(BCP:Business Continuity Planning)、2017年最終出勤日だった12月29日、ことのはメンバー全員策定してみました

※参考記事:事業継続計画(BCP)入門コースをやってみる。

決して大がかりなものではなく、6名参加、約90分で仕上がりました

検討する際の基準として、経済産業省 中小企業庁から公開されているフォーマット(入門コース)を利用しました(ホームページ:http://www.chusho.meti.go.jp/bcp/)。

また、これを基にパワーポイントを作成、スクリーンに映し出すことで、参加者全員が画面を共有できるようにしました(ダウンロード:ことのはBCP検討シート(ひな形))。


やってみた感想

  • 緊急事態時のイメージはあるもののバラバラ、かつ不完全
  • フォーマットを基に検討することで、かなり補完される
  • やることが明確になり、期日設定、計画が決まる

不完全であったもの(例)

  • 入居ビルが壊滅的被害を受けた場合の営業(場所、方法)
  • 非難グッズ(装備品)
  • 事務所防災グッズ(複合機ストッパー等)
  • 安否確認の連絡方法(災害伝言ダイヤル171利用ルール、暗証番号等)
  • 対外 情報発信HP、SNS等)
  • マニュアル整備

すぐできること(例)

  • 非難グッズ購入、備え付け
  • 防災グッズ購入、設置
  • 緊急連絡網の整備、周知

期日を決めてやること(例)

  • 壊滅的被害を受けた際の営業(場所、方法)
  • マニュアル作成
  • お客様案内(BCP)

日頃抱いているイメージが、どれだけ曖昧であったかが判りますね。。。

(入門コースではありますが、、、)サラっとこれだけ記述できるだけでも、90分をかけた甲斐があったと思います。

まずは、大災害等の緊急事態が発生する前に、「すぐできること」「期日を決めてやること」を完了させたいと思います

 

中小企業診断士 山下典明


 
 横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
 〒231-0002
  神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
  TEL:045-264-8970
  FAX:045-264-8971
  E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
  FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
  Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha