皆様こんにちは。
ことのは、中小企業診断士の山下典明です。

 

業務分類、各職位に求めるモノ(書面)が既にある事業所様も、多いかと思います。

前回(キャリアパス設計(7.業務の分類②-1))の続きを綴りたいと思います。


  1. ぱっと見で分かりやすいですか。
  2. 何がどの程度できなければならないのか伝わりますか。
  3. 書面を基に適度な目標設定ができますか。
  4. 運用できていますか。
  5. 業務が網羅されていますか。

2.何がどの程度できなければならないのか伝わりますか。


 例)〇〇業務ができること。
 例)事務業務が適切にできること。
 例)接客業務が丁寧にできること。


 これらの文をみて、どのように想像しましたか?「適切」「丁寧」の度合いは?「事務業務」「接客業務」何を指すのか?

 例文は極端過ぎる気もしますが、意外とよく見かけます。これだと、個人の主観で判断せざるを得ず、結果、属人化します。ということは、キャリアパスはお蔵入り濃厚です。


【チェック】程度が曖昧・属人化する要素

  • 見る人によって解釈が異なる
  • 副詞形容詞多用している。
  • 業務名称集約し過ぎている。
  • 実作業深堀りしたことがない
  • 職位別深堀りしたことがない
  • 完璧なレベルのみ書かれている。

職場の方、全員でなくても構いません。文章を手元にして、どのように想像するかを考え、意見交換をしてみると良いでしょう。

各職位から意見を聴けると効率が良いのですが、上位が下位を圧倒してしまうと、上位の意見で固められてしまい、何も変化しない可能性があります。

どうしても上位が下位を圧倒してしまうならば、上位は聴くだけというルールを設ける司会を下位に任せてしまうのも一策です。話し合いが終わった後上位で意見を検討すれば良いのです。下位の意見を上位が聴いてくれるという安心感も生まれますので、職場の雰囲気も改善されます。一石二鳥です。

 


※作業の流れ(簡易図) 作成:山下典明

バックナンバー
 キャリアパス設計(01.はじめに)
 キャリアパス設計(02.設計と現場の乖離)
 キャリアパス設計(03.職場文化との融合)
 キャリアパス設計(04.理想形を探す)
 キャリアパス設計(05.職位の設定)
 キャリアパス設計(06.業務の分類①)
 キャリアパス設計(07.業務の分類②-1)
「ぱっと見で分かりやすいですか」
 キャリアパス設計(08.業務の分類②-2)
「何がどの程度できなければならないのか伝わりますか」
 キャリアパス設計(09.業務の分類②-3)
「書面を基に適度な目標設定ができますか」
 キャリアパス設計(10.業務の分類②-4)
「業務が網羅されていますか」
 キャリアパス設計(11.業務の分類②-5)
「運用できていますか」
 キャリアパス設計(12.教育訓練体系図①)
「まずは列挙、作成してみる!」
 キャリアパス設計(13.教育訓練体系図②)
「やるべきはどれか?」
 キャリアパス設計(番外編.事業主の想い)

中小企業診断士 山下典明


 
 横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
 〒231-0002
 神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
 TEL:045-264-8970
 FAX:045-264-8971
 E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
 FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
 Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha