皆様こんにちは。
ことのは、中小企業診断士の山下典明です。

 

前回までで「職位別業務一覧」が、ある程度仕上がりました。
各マス目は「~できる」という形式で記されているはずです。

 

では、「~できる」ためには何が必要でしょうか。
それは「経験」及び「教育訓練」です。各マス目に対して、どのような「経験」や「教育訓練」が必要なのか、少々手間ではありますが、検討を行ってください。

 

なお、「経験」「教育訓練」については、


  1. やっていること
  2. これからやること
  3. 今後やりたいこと

これらを列挙しておくと、前述の手間ストレス)がかなり軽減されると思います。

それでも埋まらないマス目は、、、
これまで教育訓練が考えられていなかった現場に頼っていた箇所になっているはずです。
その箇所が会社の強み(又は弱み)になっている可能性もあるため、放置せず、必ず一度は掘り下げて考えてみてください。

 

なお、「教育訓練体系図」というと、何か外部研修を受講しなければならないイメージがありますが、そうではありません。OJTOffJT自己啓発資格取得従事時間読書・etc、様々な要素が考えられます。イメージに縛られる必要は全くありません。

 

さて、上記作業を行うことで、「教育訓練体系図」が完成に近づきます。
そして気付きます。

全てを実施する余裕も時間もない、と。。。

to be continued


※作業の流れ(簡易図) 作成:山下典明

バックナンバー
 キャリアパス設計(01.はじめに)
 キャリアパス設計(02.設計と現場の乖離)
 キャリアパス設計(03.職場文化との融合)
 キャリアパス設計(04.理想形を探す)
 キャリアパス設計(05.職位の設定)
 キャリアパス設計(06.業務の分類①)
 キャリアパス設計(07.業務の分類②-1)
「ぱっと見で分かりやすいですか」
 キャリアパス設計(08.業務の分類②-2)
「何がどの程度できなければならないのか伝わりますか」
 キャリアパス設計(09.業務の分類②-3)
「書面を基に適度な目標設定ができますか」
 キャリアパス設計(10.業務の分類②-4)
「業務が網羅されていますか」
 キャリアパス設計(11.業務の分類②-5)
「運用できていますか」
 キャリアパス設計(12.教育訓練体系図①)
「まずは列挙、作成してみる!」
 キャリアパス設計(13.教育訓練体系図②)
「やるべきはどれか?」
 キャリアパス設計(番外編.事業主の想い)

中小企業診断士 山下典明


 
 横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
 〒231-0002
 神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
 TEL:045-264-8970
 FAX:045-264-8971
 E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
 FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
 Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha