皆様こんにちは。
ことのは、中小企業診断士の山下典明です。

 

職位」については、現行のモノがあるケースが多いはずです。
 例)経営職(部長)、管理職(課長、係長)、指導職(主任)、一般職(A、B、新人)、etc

 

その「職位」、いつ設定したものでしょうか、中長期的に目指している事業所の姿(将来像)を実現する上で、十分なものでしょうか。

 

その「職位」、現状の設定では、将来像へ向けて不足箇所を有する可能性があります。現行の設定を使いまわすことで、省力化を図りたい気持ちも分かります。しかし、せっかくキャリアパス設計を行うのですから、一度見直しを行うことを、オススメいたします。

 

なお、見直しの結果、新たに設けた「職位」が空位だとしても、将来像を実現する上で必要ならば、意味ある空位となります。従業員様にとっても、その「職位」へ昇格することが1つの目標となります。

 

見直すときは、以下の「作業の流れ」図に記載してある「決定的な違い」を、考えてみてください。極端な話をすれば、現場10年の方と新人では、経験・スキル共に大きな差があります。どんな差がありますか?恐らく、差異が大きすぎるでしょうから、その間に幾つかのステップ(「職位」)を設けることになります。では、幾つかのステップ(「職位」)はどのように分けましたか?「決定的な違い」は何ですか?

簡単な例とすれば、


  1. 一般職:先輩の指示の元、基本作業をすることができる。
  2. 一般職:マニュアルの元、基本作業をすることができる。
  3. 一般職:マニュアルが無くても、基本作業をすることができる。
  4. 一般職:先輩の指示の元、例外作業をすることができる。
  5. 一般職:自らの判断で、例外作業をすることができる。
  6. 指導職:後輩に対して、基本作業の指導ができる。
  7. 指導職:後輩に対して、例外作業の指導ができる。
  8. 指導職:外部に対して、基本・例外作業の指導ができる。
  9. 管理職:、、、
  10. 経営職:、、、

といった具合です。
各「職位」については、職場での一般呼称も設定しておくと、良いでしょう。

なお、上記の例はかなり抽象的です。これだけだと、何のことやら判りません。実際に「決定的な違い」をご検討なさる際は、労使の共通認識として腑に落ちるレベルを、目指してください。

決定的な違い(検討シート)サンプル・ダウンロード

 


※作業の流れ(簡易図) 作成:山下典明

バックナンバー
 キャリアパス設計(01.はじめに)
 キャリアパス設計(02.設計と現場の乖離)
 キャリアパス設計(03.職場文化との融合)
 キャリアパス設計(04.理想形を探す)
 キャリアパス設計(05.職位の設定)
 キャリアパス設計(06.業務の分類①)
 キャリアパス設計(07.業務の分類②-1)
「ぱっと見で分かりやすいですか」
 キャリアパス設計(08.業務の分類②-2)
「何がどの程度できなければならないのか伝わりますか」
 キャリアパス設計(09.業務の分類②-3)
「書面を基に適度な目標設定ができますか」
 キャリアパス設計(10.業務の分類②-4)
「業務が網羅されていますか」
 キャリアパス設計(11.業務の分類②-5)
「運用できていますか」
 キャリアパス設計(12.教育訓練体系図①)
「まずは列挙、作成してみる!」
 キャリアパス設計(13.教育訓練体系図②)
「やるべきはどれか?」
 キャリアパス設計(番外編.事業主の想い)

中小企業診断士 山下典明


 
 横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
 〒231-0002
 神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
 TEL:045-264-8970
 FAX:045-264-8971
 E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
 FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
 Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha