皆様こんにちは!
社会保険労務士法人「ことのは」
中小企業診断士の山下典明です。


  • 休業日に挟まれた所定休日の日数を明記する!

コロナ禍に伴い、多くの企業で「休業」が生じています。そのような状況において退職が発生した場合、離職票を発行することが多いかと思います。

この度の記事は、離職票作成にあたって、ハローワークからお願いを受けた件についてです。

  • 休業日に挟まれた所定休日の日数を明記する!

ハローワーク側で、このような所定休日が何日あるのかを、人力でカウントしているようです。しかしながら、退職者が増加(?)する状況において、人力カウントしきれない、キャパオーバーが生じているとのこと。協力してほしいとの要請がありました。

具体的には、上図左側のイメージのように、

  • 備考「休業8日所定2日」
  • ⑭賃金に関する特記事項「4/13~4/27休業8日所定休日2日」

このような記載をして欲しいとのことです。

「休業8日所定休日2日」、後者2日は上図右側イメージの赤枠で囲った箇所となります。破線で囲った箇所は、休業日と出勤日に挟まれた所定休日、これはカウントしないとのことです。

このようなカウント、記載、無くても離職票処理は行ってくれるはずですが、、、離職票作成において出勤簿を確認するケースがほどんどだと思います。若干の手間は生じますが、ご協力お願いいたします。

 

関連記事

 

中小企業診断士 山下典明


○ 手続き代行サービス

まずは相談してみたい!」というご要望ございましたら、お気軽にご連絡いただければと思います(下記TEL、E-mail、又はお問い合わせフォームからお願いいたします)。



横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha