皆様こんにちは。
ことのは、中小企業診断士の山下典明です。


  • 手続きは異なります!
  • 下記「事例1~3」どれに該当しますか?

 

転籍、又は転勤をした場合、どちらも雇用保険の手続きが発生します。

どちらも同じ手続きなのか?

前振りで既にお気付きかと思いますが、異なる手続きを行います。

 

転籍:雇用保険資格喪失、雇用保険資格取得

転勤:雇用保険被保険者転勤届

 


事例1


  • A社からB社へ転籍
  • A社とB社の代表取締役は同一人物
  • A社とB社はグループ会社
  • A社とB社は別法人

この場合、転勤の手続きで良いような雰囲気があります。しかし、転籍における手続き、A社「雇用保険資格喪失」、そしてB社「雇用保険資格取得」を行ってください。


事例2


  • A支店からB支店へ転勤
  • A支店とB支店は同一法人に所属する支店
  • A支店とB支店がそれぞれ雇用保険適用事業所番号を保持

この場合、転勤の手続きとなります。転勤先(B支店)の管轄ハローワークへ、「雇用保険被保険者転勤届」を提出してください。


事例3


  • A支店からB支店へ転勤
  • A支店とB支店は同一法人に所属する支店
  • A支店とB支店は同じ雇用保険適用事業所番号を保持

この場合、雇用保険手続き不要です。


なお、転籍となる場合、A社との雇用関係を終了することになりますので、書面(※)にて会社意向と本人同意を、必ずとるようにしてください。
(※)転籍同意書(ダウンロード)

 

これからの季節、人事異動が、普段より多くあるかと思います。くれぐれも労使間でトラブルが生じないよう、やるべきことはやり、次のステージへ向けた気持ち良いスタートをしたいですね。

 


○ 人事・労務アウトソーシング・サービス

弊社では、人事労務に関する事務手手続きについて、アウトソーシング・サービスをご提供しております。自社でご対応予定の場合であっても、手続きをする前に、、、「まずは相談してみたい!」というご要望ございましたら、お気軽にご連絡いただければと思います(下記TEL、E-mail、又はお問い合わせフォームからお願いいたします)。


 
 横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
 〒231-0002
 神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
 TEL:045-264-8970
 FAX:045-264-8971
 E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
 FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
 Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha