皆様こんにちは。
ことのは、中小企業診断士の山下典明です。


大量の袋詰め作業をひとまず終え、
そこでの気付きを綴りたいと思います。

弊社では月に一度、
1日に1,000以上の袋詰め作業が到来します。

この作業、
独りでやると時間がかかることは勿論のこと、
効率も低い気がします。

というのも、独りでやると・・・
 「集中力が途切れる
 「自分のペースでやる
 「疲労が蓄積する
等の要因が処理スピードの低下を招くからです。
習熟することによる処理スピード向上はあるでしょうが、
相殺されてしまう気がします。

一方、複数人でやると・・・
1人あたりの時間が短くなり、
 「集中力を維持
 「疲労の蓄積も軽度
となります。
同じ作業をしている人が他にもいることで「競争心]が芽生え,
処理スピードが向上します。
そして、作業効率の高い人を「真似する」ことで、
さらに処理スピードが向上します。

作業量が膨大にあるから、時間外労働を減らすことはできないでしょ。
品質も維持しないといけないし。
このような意見、
アンケート等を取れば多く寄せられる気がします。

『作業量が膨大にある』
この作業に、上記ようなケースがないかを見つけてみてはいかがでしょうか。
複数人が関わることによる効果を見出し
そして目標を設定することで、
時間外労働を減らすことができそうです。
品質も維持、あるいは向上を見込めるのではないえしょうか。

皆でやれば早く片付く!
当然かつシンプルなフレーズですが、
そこに内在する効果を踏まえた手配・工夫ができると、
職場に好循環が生まれる気がします。

 

追伸:

さて、この作業を最速かつ仕上がりを美しくする方法、毎度模索中です。
何か良い方法、道具がありましたら、お教えください!

中小企業診断士 山下典明


 
 横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
 〒231-0002
  神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309

  TEL:045-264-8970
  FAX:045-264-8971
  E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
  FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
  Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha