ここでは、過去の執筆実績について、記載いたします。

  • 主催者様のご要望をもとにカスタマイズした執筆も可能です。
  • 執筆につういて、予算・内容等、お気軽にお問い合わせください。
  • TEL(045-264-8970)
  • メール(info@sr-kotonoha.or.jp)
  • お問い合わせフォーム ⇒ http://www.sr-kotonoha.or.jp/contact/

公開時期

 執筆テーマ

2019
1月

 企業実務1月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『再確認しておきたい「最低賃金」の制約』

2018年
9月

 商工神奈川9月号
  弊社「益子英之」執筆

  • 『働き方改革関連法の概要』

下記リンクからご覧いただくことができます。
⇒ https://www.chuokai-kanagawa.or.jp/archives/4534

2018年
3月

 企業実務3月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『シニア社員の力を引き出す労働条件の設定』

2017年
6月

 企業実務6月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『管理監督者が意識すべき「労働時間把握ガイドライン」の内容』
2016年
12月

 企業実務12月号
  弊社「山下典明」執筆

  • 『内定者の「入社前研修」を実のあるものにする施策』
2016年
8月

 商業界8月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『あなたの店も人ごとではない ブラックバイトの落とし穴』
2015年
11月

 企業実務11月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『「常時10人以上」"常時"の意味とは?』
2015年
10月

 企業実務10月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『36協定を結べば残業はいくらさせてもよいのか』
2015年
2月

 商業界2月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『給与計算の基本と注意点』
2014年
8月

 商業界8月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『ないでは済まない就業規則』
2014年
7月

 企業実務7月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『職種別採用者の能力・実力不足が判明した場合の対応Q&A』
2013年
2月

 商業界2月号
  弊社「飯田剛史」執筆

2012年
12月

 企業実務12月号
  弊社「飯田剛史」執筆

2012年
5月

 商業界5月号
  弊社「飯田剛史」執筆

2011年
8月

 企業実務8月号
  弊社「飯田剛史」執筆

2010年
1月

 商業界1月号
  弊社「飯田剛史」執筆

2010年
10月

 企業実務10月号
  弊社「飯田剛史」執筆

2010年
1月

 商業界1月号(弊社「飯田剛史」が掲載されました)

  • 『商業界が推薦するコンサルタント特集』
2009年
11月

 企業実務11月号
 弊社「飯田剛史」執筆

  • 『経営者のお悩み解決隊』
2009年
10月

 商業界11月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『新型インフルエンザ感染時の「出社の可否判断基準と賃金支払の実務」』
2009年
1月

 商業界1月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『商業界が推薦する 新進気鋭コンサルタント特集 2009年はこうなる!!』
2008年
9月

 商業界10月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『労働トラブルを防ぐ!時間管理の極意』
2008年
4月

 月間コンビニ特大号
  弊社「飯田剛史」執筆

『平均給与と小遣いで見るサラリーマンの将来設計』

2008年
4月

 商業界4月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『パート社員と正社員との差別待遇は禁止になる』
2007年
11月

 商業界11月号
  弊社「飯田剛史」執筆

  • 『小さなお店の労務管理』

研修・セミナー実績一覧
⇒ http://www.sr-kotonoha.or.jp/kotonoha/kotonoha_seminar/2516/

 

社会保険労務士法人 ことのは  広報担当



横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha