皆様こんにちは!
社会保険労務士法人「ことのは」
中小企業診断士の山下典明です。


  • 申告書式5月末頃」までに届く
  • 申告書式破棄しないよう要注意

 

東京都の事業所では、労働局から上記のような「お知らせ」が届いていいるかと思います。

こちらの「お知らせ」を見ると、、、

  • 申告書式5月末頃」までに届く

とのことです。

ということで、上記「お知らせ」は破棄しても構いませんが、後日届く「申告書式」は破棄しないようにしてください。

  • 破棄すると何がマズイか?

労働局から届く「申告書式」には、申告書作成にあたって重要な情報が記載されています。

  • 保険料率
  • メリット制に関すること
  • 前年申告(納付済み)の概算保険料

上記、全くなかったとしても、まっさら書式から申告書を作成するこも可能ですが、、、いざ労働局へ提出したは良いものの、訂正を求められる可能性があります。少なくとも上記情報に基づいて計算をした方が賢明です。また、誤った計算をした結果、労働保険料に誤差が発生、事業計画にインパクトをもたらさいとも限りません

  • 捨ててしまったらどうするのか?

書式を、労働局や労基署から入手することができます。

「年度更新、申告で利用する書式を一式(3部ほど)ください!」

と伝えればOKでしょう。

その後、もし前年度控え等(正しく受理されたもの)を保管しているようであれば、それを参考にしながら作業を進めていけば、大きく記載を誤ることはないと思います。

最後に、、、

  • 申告書式破棄しないよう要注意

 

中小企業診断士 山下典明


○ 手続き代行サービス

まずは相談してみたい!」というご要望ございましたら、お気軽にご連絡いただければと思います(下記TEL、E-mail、又はお問い合わせフォームからお願いいたします)。



横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha