皆様こんにちは。
社会保険労務士法人「ことのは」、中小企業診断士の山下典明です。

 

労使協定を締結する際には、
内容が適正・法遵守であることはちろんのこと、
①「事業主による署名押印
②「従業員代表による署名押印
以上が必要になります。

 

さて、上記②「従業員代表による署名押印」について、
中小企業の場合は労働組合がなく、
過半数代表者」を選出していることが多かと思います。

 

その「過半数代表者」の選出どのような方法が適切なのでしょうか。
記事冒頭に掲載しました「厚労省リーフレット」によれば、「民主的な手続き」になります。

 

では、「民主的な手続き」とは何か?


  • 投票
  • 挙手
  • 労働者による話し合い
  • 持ち回り決議

になります。

 

経営者にとって「頼みやすく、臨機応変に対応してくれる人」(※2019.4~は難しい)、このような方が上記「民主的な手続き」により選出されているならば、問題ございません。

 

2018.12.26 加筆


「従業員代表の選出」について、2019年4月から以下の要件が追加となります!

  • 使用者の意向に基づき選出されたものではないこと

ご注意ください!


 

関連記事

 

中小企業診断士 山下典明


○ 人事・労務アウトソーシング・サービス

自社でご対応予定の場合であっても、手続きをする前に、、、「まずは相談してみたい!」というご要望ございましたら、お気軽にご連絡いただければと思います(下記TEL、E-mail、又はお問い合わせフォームからお願いいたします)。



横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha