皆様こんにちは!
社会保険労務士法人「ことのは」
中小企業診断士の山下典明です。


  • 令和2年度、最低賃金引き上げの方向

コロナ禍における「最低賃金引き上げ」、あるの?ないの?と気にはなっていました。

  • 令和2年度、最低賃金引き上げの方向

8月21日の厚生労働省発表によれば、「最低賃金引き上げ」は実行されるようです。

ただし、例年のような大幅引き上げではなく、1~3円または据え置き、といった状況です。

厚生労働省発表記事
⇒「すべての都道府県で地域別最低賃金の答申がなされました

東京都は据え置き「1,013円」、神奈川県は1円アップ「1,012円」となる予定です。

 

毎度、当ブログでも記載しておりますが、最低賃金引き上げが行われた場合、各労働者の時間単価をチェックする必要があります。時給者の場合は判りやすいのですが、月給者は所定労働時間で割り算するなど手間がかかります。また、固定残業手当を設定している場合も要注意です。最低賃金引き上げに併せて基本給等がアップした場合、固定残業についても「手当額」又は「時間」を検討する必要が生じます。

令和2年度、確定結果が出ましたら、当ブログでもお知らせしたいと思います。

なお、以下のブログ記事(clickするとブログ記事へ遷移します)もご一読いただけると、最低賃金改定における勘所がつかめるかと思います。

中小企業診断士 山下典明



横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha