皆様こんにちは。
ことのは、中小企業診断士の山下典明です。


  • 項目名通りに書くと間違える(被保険者・相続人)
  • 相続人の続柄証明が必要(戸籍謄本)

被保険者の方が入院、治療の末、残念ながらお亡くなりになられた場合、健康保険から「傷病手当金」及び「埋葬料(費)」が支給されます。

この場合、支給申請書はどのように書けばよいのか?
書式の項目名に引っ張られてしまい、少々悩みます。

 


● 被保険者が死亡、配偶者(相続人)が支給申請する場合


どちらも、書面冒頭1段目、被保険者欄には死亡なさった方の情報を記入します。
それ以外については、配偶者(相続人)の情報を記入します。

この後者の記入、書式の項目名に引っ張られてしまい、間違うことが多いようです。

※他のページについては、いつも通りです。

 

書式を使って、上記について説明いたします。
画像をクリック、拡大してご確認お願いします。



例)傷病手当金支給申請書(1ページ目)
書式ダウンロード ⇒  https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2/cat230/r124



例)埋葬料(費)支給申請書(1ページ目)
書式ダウンロード ⇒ https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2/cat230/r129


 

● 記入ミスとして見かける例


  1. 項目「被保険者情報」の全ての欄へ、被保険者(死亡)の情報を記入してしまう。
  2. 項目「振込先指定口座」の欄へ、被保険者(死亡)の口座を記入してしまう。
  3. 上記1故に、項目「受取代理人の欄」へ、相続人の情報を記入してしまう。

これらに該当してしまうと、せっかく支給申請した書類が、役所から「返戻」という形式で戻ってきてしまいますので、ご注意ください。

 

追伸:
なお、相続人が配偶者であることを証明するためには、戸籍謄本(原本)の添付が必要となります。

 


○ 人事・労務アウトソーシング・サービス

弊社では、人事労務に関する事務手手続きについて、アウトソーシング・サービスをご提供しております。自社でご対応予定の場合であっても、手続きをする前に、、、「まずは相談してみたい!」というご要望ございましたら、お気軽にご連絡いただければと思います(下記TEL、E-mail、又はお問い合わせフォームからお願いいたします)。


 

中小企業診断士 山下典明



横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha