結論:「18.3%」、今後固定となります。


この料率は、平成29年9月改定の料率「18.3%」と同じです。


引用元)厚生労働省HP ※PressRelease 一部抜粋
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12502000-Nenkinkyoku-Nenkinka/kounenn.pdf

 

皆様こんにちは。
ことのは、中小企業診断士の山下典明です。

 

厚生年金保険料率」は、年金制度改正に基づき、平成16年から段階的引き上げが開始されました。そして、この段階的引上げは、昨年、平成29年9月最後でした。したがって、今後、「厚生年金保険料率」は「18.3%」に固定されることになります。

参考)厚生労働省HPhttps://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000175945.html

 

さて、先日の社会保険「算定基礎届(定時改定)」、「決定通知書」により「標準報酬月額」は判るものの、平成16年以降、「厚生年金保険料率」が決定されないと最終的な「保険料」は確定できませんでした。

しかし、今後は「厚生年金保険料率」が「18.3%」で固定されることから、「決定通知書」が発行された時点で、「保険料」が確定することになります。

これに伴い、「保険料額(見込み)の確定」、「給与計算システムへの登録作業」、「料率改定モレによる徴収過不足」、これらの事務処理の効率化やミス低減が図れそうです。

 

中小企業診断士 山下典明



横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha