皆様こんにちは!
社会保険労務士法人「ことのは」
中小企業診断士の山下典明です。


  • 提出日から90日以内発行された原本
  • 提出日(手続きを実施する日)を踏まえた原本回収

社会保険手続きにおいて、所定様式だけでなく、添付資料が必要となるケースがあります。

代表例として「扶養追加」手続きが挙げられます。

この手続きでは、身分(続柄)関係証明する必要があるため、「戸籍謄本」や「住民票」等の添付を求められます(※電子申請の場合は「PDF」でOK)。

  • 提出日から90日以内発行された原本

この際に添付する資料は、上記のとおり、手続き書類の提出日から90日以内発行されたもの、でなければなりません。

  • もし、90日を超えていたらどうなる

おそらくは、返戻されます、「上記要件を満たすものの提出をお願いします。」というメッセージ付きで、、、。

  • 被保険者&被扶養者のマインバーを記載

所定様式にこの処置(マイナンバー記載)をしておけば、マイナンバーにより行政が身分(続柄)関係確認することができるようなので、添付資料不要です。但し、所定様式へ事業主確認済みであることの☑をつける必要があります(下記イメージの赤丸で囲った箇所)。

  • 提出日(手続きを実施する日)を踏まえた原本回収

ということで、、、従業員様から行政が発行する書類を回収する際には、実際に手続きを行う日程を踏まえた上で、案内をするようにしましょう。

 


○ 人事・労務アウトソーシング・サービス

まずは相談してみたい!」というご要望ございましたら、お気軽にご連絡いただければと思います(下記TEL、E-mail、又はお問い合わせフォームからお願いいたします)。


 

中小企業診断士 山下典明



横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha