皆様こんにちは。
ことのは、中小企業診断士の山下典明です。

 

実績を作ることで、比較的確実に受給できる「助成金」。

しかし、

実績の中に「違法なコト」があると、遡って正すことになります。

 

具体例)違法なコト


  • 最低賃金割れ(※都道府県により異なります)
  • 未払い残業
  • 休日出勤に対して未払い
  • 深夜残業に対して未払い
  • 単価計算ミス
  • 社保未加入(※本来は加入しなければならない労働状況)
  • etc

助成金を活用する前に、これらの有無その影響について確認することをおススメします。

助成金の支給申請では、計1年など、長期におよぶ「出勤簿」「賃金台帳」の添付が必要になることがほとんどです。違法なこと遡って正すことになると、かなりのキャッシュアウトになる場合があります。

そこで、まずはこれらについて確認、次に労務管理の整備ができた上で、助成金活用をおススメいたします。

 

何がダメなのか?
何が不足しているのか?
労務管理を是正したいが、、、
そんな疑問お悩みを抱えていらっしゃるようでしたら、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

 

中小企業診断士 山下典明



横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha