皆様、こんにちは。
ことのは、中小企業診断士の山下です。

 

労働者派遣事業「許可」申請書


様式第3号-2(第1面)
4 キャリアアップに資する教育訓練

  • 教育名に法律名を記さない方が無難

許可申請が受理されるまでには、様々なことがチェックされます。

形式的なモノがほとんどですが、「4 キャリアアップに資する教育訓練」、こちらのチェック問答になるケースが多い気がします。というのも、こちらは新たに作り込むケースが多く、教育訓練の実績を示すだけでは、審査をパスしないためです。

4 キャリアアップに資する教育訓練」では、1年目・2年目・3年目・4年目、全て同じ教育とするのは「NG」となります。「段階的キャリアアップするのだから全て異なる教育になるはず」という理由からです。現実離れする可能性が高いと思いますが、ここは「理想的にはどうあるべきか」を記述することを心掛けると良いでしょう。

 

さて、本題に戻ります。

教育名に法律名を記さない方が無難」とはどういうことか?

 

先日の窓口手続きにおいて「安全衛生法に基づく講習」という教育訓練を用意していました。これについてツッコミが入りました。「法律で定められた教育訓練を、キャリアアップに資する教育訓練指定することはできません!」とのツッコミ下図赤枠箇所)。

 

具体的な内容は「機械装置の操作訓練」であり、安全衛生法に準拠するのは当然のこと。安全衛生法で指定された内容を学ぶわけではありません。

ということで、「審査時に勘違いが生じるのはマズイので、名称を変更しましょう!」との指示を受けました。


  • 教育名に法律名を記さない方が無難

ということです。

たかがネーミング、具体的内容は異なるとしても、侮ることはできません。審査官は、各業種のプロではありません。審査官は、紙面上に記された情報から、判断せざるを得ません。解釈が生じてしまうようなネーミングは、スムーズ審査妨げとなります。たかがネーミング、結構大切です。

ちょとしたことですが、気を付けたいポイントです。

 

中小企業診断士 山下典明



横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha