皆様こんにちは!
社会保険労務士法人ことのは
中小企業診断士の山下典明です。


  • 居所証明書(原本)提出が必要

いきなりですが、、、「そもそも居所って何?」(私も言葉を知りませんでした)

  • 居所:(法律的には色々ありますが・・・)今現在住んでいるところ生活拠点

 

労働者派遣事業を行う場合、指定事業所に「派遣元責任者」を選任する必要があります。許可申請時に添付する事業所レイアウト図においても、「派遣元責任者」の席がどこなのかを明記するなど、その所在についても妥当性が問われます。

  1. 許可申請書(又は変更届)に派遣元責任者を記述
  2. 派遣元責任者講習の受講修了書
  3. 履歴書
  4. 住民票

派遣元責任者」として選任されるためには、これらの書類を提出する必要があります。

さて、上記「4.住民票」、当ブログの題目にもあるように、気になる点が一つあります。具体例を交えなて考えていきます。

具体例)

  • 「東京都町田市」指定事業所
  • 「福岡県福岡市」派遣元責任者の住民票記載住所
  • 「東京都町田市」派遣元責任者の居所住所

派遣元責任者を選任、労働局へ上記1~4の書類を出したならば、、、

  • 福岡県在住の人が、指定事業所(東京都町田市)に常駐できるのか?

というツッコミが労働局から入ることになります。

飛行機通勤ならば可能でしょうが、考えにくいですね。実際に住んでいるところは町田市であることが、ほとんどかと思います。つきましては、労働局へはその旨を説明しなければなりません。

  • 居所証明書(原本)提出が必要

そこで登場するのが「居所証明書」なるものです。

この書面には、下記内容を記載します。


  1. 氏名
  2. 居所住所
  3. 居所に住む理由
  4. 会社証明(日付・住所・会社名・代表者署名・印)

労働局へ提出する「居所証明書」、書式は任意です。最低限、上記1~5の内容が記載されていれば良いとのことです(※神奈川労働局)。とりあえず、、、サンプルを掲載しておきますので、カスタマイズの上、ご利用ください。



居所証明書(←クリックでダウンロード、MS-Word形式)
※東京労働局フォーマットと同内容

 

関連記事

 


◎ お気軽にお問い合わせください!


弊社では労働者派遣事業「許可申請」、代行手続きもお受けしております。

手続きをする前に、、、「まずは相談してみたい!」というご要望ございましたら、お気軽にご連絡いただければと思います(下記TEL、E-mail、又はお問い合わせフォームからお願いいたします)。

参考ページ:労働者派遣「許可申請、受理に至るまでの気付き・振り返り」(No.44)
 ⇒ http://www.sr-kotonoha.or.jp/temporary_worker/1031/


 

中小企業診断士 山下典明



横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha