皆様こんにちは。
社会保険労務士法人ことのはの豊田です。

顧問を担当させていただいている皆様には一度メルマガでもお送りいたしましたが、
今回は新年に変わったばかりの法改正情報をお知らせしたいと思います。

小学校就学前の子を養育する労働者がその子の怪我や疾病、
またその予防のために申し出た場合に取得できる「子の看護休暇」、
2週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする状態にある対象家族(※1)の、
介護や世話を行う労働者が取得できる「介護休暇」、
この2つの休暇が、育児・介護休業法施行規則の改正により、
令和3年1月1日から時間単位で取得できるようになりました。
(ただし、時間単位での取得が困難と認められる業務に従事する労働者で、労使協定の締結により除外された者は除きます)

今までは、半日単位の取得は可能でしたが、時間単位での取得は不可能でした。
今回の改正で、より労働者が柔軟に子や対象家族の体調などに合わせて働きやすくなったと言えるでしょう。

また、時間単位取得が可能となったことで、今まで1日の所定労働時間が4時間以下の人はこの休暇を取得できませんでしたが、
今回の改正で対象となる家族がいる全ての労働者が取得できるようになりました。

会社側がしなければならない実務としては、就業規則(育児・介護休業規程等)を作成している場合には修正することが求められます。
参考となる規程例を作りましたので、宜しければ適宜会社の就業規則に合わせてお使いください。

そのほか、参考資料です。⇒Q&A厚生労働省パンフレット

勿論、このブログや資料だけでは解決できない疑問点を弊社にお問合せいただくことも大歓迎です。
お気軽にお問い合わせください。

 

※1:配偶者、父母、子、祖父母、兄弟姉妹、孫、配偶者の父母が対象家族です。


〇これを機に就業規則を全面的に見直したい!(もしくは作成したい!)と思ったら……

まずは「無料相談診断」をオススメいたします!


弊社(ことのは)では、就業規則に代表される社内規程について、作成はもちろんのこと、見直しニーズにもお応えすべく、コンサルティングを実施しております。

しかし、作成・見直しコンサルって…

  • どの程度「時間・費用」が必要か?
  • 従業員対応や運用は?
  • 今のリスクどれくらい?今必要?

といった疑問があるかと思います

  • 作成・見直しは必要だと思うけど……」と躊躇なさっている方
  • 「(ブログ記事を見て)規程を改正しなきゃなあ……」と悩まれている方

是非とも弊社「無料相談・診断」の機会をご活用ください

お気軽にご連絡いただければと思います。
↓↓↓


TEL:045-264-8970

メール:info@sr-kotonoha.or.jp

お問い合わせフォーム ⇒ http://www.sr-kotonoha.or.jp/contact/

※お問い合わせフォーム「お問い合わせ内容」へは
 ⇒「社内規程の見直しに関する相談」とご記入ください。
 ⇒具体的な「社内規程」がございましたら、箇条書き願います。



横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha