皆様こんにちは。
ことのは、中小企業診断士の山下典明です。

 

入社や契約更新の際、
雇用契約書を用意、
労使合意の上、無事に締結、、、
と思いきや少し間違った記載を発見!?
・・・
そんな時、どうしていますか?
・・・
口頭で意思確認をして、
そのまま放置
ということはないでしょうか?

もしそうであれば、
新たな雇用契約書を用意しましょう。

急に用意なんてできないよ!という場合は、
手書きでもよいので、
二重線で取消
変更内容を加筆しておきましょう。

口頭で意思確認をして放置した場合、
後日、トラブルになった際
良からぬ事態を招く可能性があります、、、。
想像に難くないですね。

また、助成金を申請する際にも、
他資料との整合性が取れなくなり、
余計な資料(※)を用意しなくてはならなくなります。
簡単そうですが、
文面作成、説明、本人署名・押印、事業主印、、、
かなり面倒です。
本人が快く対応してくれれば良いのですが、
そうでないと考えるだけでストレスが溜まります。
(※)何ともやり難い過去に遡った雇用契約書作成・締結、説明書や申立書

その場でササッとやっておけば、
後日トラブルも面倒な手続きも減りますので、
身に覚えのある方は、
今後気を付けてみてはいかがでしょうか。

中小企業診断士 山下典明


 
 横浜・馬車道の社労士事務所「ことのは」
 〒231-0002
  神奈川県横浜市中区海岸通4丁目23 マリンビル3階309

  TEL:045-264-8970
  FAX:045-264-8971
  E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
  FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
  Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha