BLOG ブログ

社会保険「マイナンバーカードが保険証になる?元の保険証はもう必要ない?」(No.321)2021.2.26

皆様こんにちは!

社会保険労務士法人ことのはの豊田です。


  • 3月からマイナンバーカード健康保険証として使用可能に!
  • 自動的に使えるようになるのか?
  • 前まで使っていた保険証は必要なくなるのか?

結論から言うと……今まで使っていた健康保険証まだまだ必要そうです!

ということで、詳しく今回の変更点を見ていくことにしましょう。

まず、3月に入れば自動的にマイナンバーカード健康保険証になるのかというと、そうではありません。
会社ではなく、従業員の個々人がマイナポータルから利用者登録をする必要があります。

マイナポータルのアクセス方法……
①スマートフォンの場合は自分の機種が対応可能か確認して「マイナポータルAP」というアプリをインストール。
②PCの場合はマイナンバー読取機能付きカードリーダーを用意してマイナポータルサイトにアクセス。
③どちらもない方はお近くの区役所・市役所などに設置されているマイナポータル端末からアクセスしてください。

適宜①~③の方法を用いて「マイナンバーカードの健康保険証利用申込」をクリックして登録を行うことで、いよいよマイナンバーカード健康保険証として使用することが可能になります。
(登録の際、四桁の暗証番号が必要になります。忘れた方は役所で再設定を必ずしてくださいね!)

3月1日より、このステッカーの貼ってある医療機関で使えるようになるそうです。

医療機関に置いてあるカードリーダーにカードをかざし、顔認証もしくは暗証番号を入力することで本人確認ができます。
また、限度額適用認定証がなくとも限度額以上の支払も免除されるということで、ついあの小さいカードを忘れてしまった……!なんてこともなくなりそうですね。
薬剤情報の提供も出来るので、お薬手帳などを見せなくても過去の処方データがみられたり、万が一旅行先・出張先などで病院に行くことがあっても情報連携のおかげでより精度の高い医療が受けられるようになりそうです。

政府は、「令和5年3月末には概ね全ての医療機関等での導入を目指す」としており、医療機関に無償で上記のカードリーダーを配布していますが、システムの改修なども必要なため、中々進んでいないのが実情のようですね。
今回の導入開始の3月1日時点でどの医療機関で使用できるようになるかはHPでお知らせされるようですが、2月26日の今現在まだそのリストは更新されておりません。少なくとも、導入開始時には医療機関等の6割で使用可能、という目標よりは下回りそうです……。

マイナンバーカードが保険証として使えない医療機関は今後段々と少なくなっては来るでしょうが、それでも最初は暫く混在することになりそうですね。

そのため、万が一「今後はマイナンバーカード保険証にするから、会社の健康保険証はもう返還してしまおう」とお考えの人は要注意!です。

入社時の社会保険の届出の手続き自体も引き続き必要ですし、既にその従業員がマイナンバー健康保険証として使えているとしても、新しく交付される健康保険証もきちんと本人にお渡ししなければならないのです。
そのため、結局のところ実務面としては今までとは特に変わりない……ということになります。

因みに、「マイナンバーカード保険証にして、個人情報とかって大丈夫なの?」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが……健診結果や薬剤の情報はマイナンバーカードには記録されないそうです。安心ですね。

とりあえず、私も利用者登録だけはしました!使用感など、また追記できそうであればお知らせしますね。

令和3年3月25日追記:まさかの、本格利用開始延期……!!私のマイナンバーカードが健康保険証としての日の目を見るのはまだ遠そうです……。

令和3年10月19日追記:いよいよ明日10月20日から「マイナ保険証」本格運用開始だそうです!そういえばかかりつけの病院で機械を見たような気が……。

豊田恵理



横浜・みなとみらいの社労士事務所「ことのは」
〒220-8130
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー30階
TEL:045-264-8970
FAX:045-264-8971
E-mail:info@sr-kotonoha.or.jp
FaceBook:https://www.facebook.com/kotonoha.yokohama/
Twitter:https://twitter.com/sr_kotonoha


CONTACT
お問い合わせ

「社会保険労務士法人ことのは」への
ご依頼、またはご相談は
お気軽に以下のフォームから
お問い合わせくださいませ。