ReBoot
コンサルティング
人事評価制度
構築支援

貴社の「形骸化」している
人事制度をReBoot(再起動)します。

「人事制度(たとえば評価制度など)はあるけれど、見直しや更新をしたのはいつだったか…」という企業の方、少なくないと思います。人事制度は、年数が経つにつれ老朽化、そして形骸化の危機を迎えます。私たちは、この様な状況にある企業を、数多く見てきました。
形骸化してしまう主な原因は、人事制度に動力部(エンジン)が組み込まれていないことです。当事務所では、これを解決すべく「ReBootコンサルティング」というサービスを開始いたしました。当サービスでは、お客様と動力部(エンジン)をともに考え、形骸化している人事制度をReBoot(再起動)します。

  • Point.01 貴社の現状を
    把握できていますか

    各種の人事制度を効果的に機能させるためには、組織が直面している現状の把握が不可欠です。たとえ競合他社を真似して、やみくもに自社の人事制度に反映しても、取りまく状況が異なれば、思うような効果は得られません。
    あらゆる角度から自社の現状を捉え、分析することで、貴社独自の要素が見えてきます。そして、組織が真に必要とする要素は何かを、正確に捉えることが大切です。

    Point.01
  • Point.02 課題は把握できていますか

    その現状がなぜ生じているのか、そこには根本的な課題が潜んでいます。たとえば「評価制度がないから正当な評価ができない」というのは、本当でしょうか。仮に本当だとすれば、評価制度さえ整えれば、万事解決。「明るい未来」が待っているはずです。しかし、そうした「明るい未来」ではなく「形骸化」が待ち受けているケースを、多く目にしてきました。
    人事制度は一朝一夕で成しえるものではありません。最適な人事制度を構築するためには、現状分析を踏まえた根本的課題の把握が欠かせません。

    Point.02
  • Point.03 解決策を続けて実行できますか

    人事制度は、運用されなければ「形骸化」します。人事制度で課題を解決するためには、制度運用を続けるための具体策(解決策)が必要です。「形骸化」してしまう人事制度には、この点が欠けているケースがほとんどです。
    現状分析をして自社の課題を捉えると、多数の解決策が浮かんできます。しかし、すべてを一度に実行するのは困難です。優先順位・実行順序などを総合的に判断して、スケジュールを立てましょう。

    Point.03
  • Point.04 貴社が将来どうなるか、
    未来像を描くことができますか

    人事制度を導入、制度運用のための具体策(解決策)を実行したとします。貴社はどのような姿に変わっていますか。もしこの姿が描けていなければ、実行することに魅力を感じる人は、少数になるでしょう。多くの方に魅力を感じてもらい、制度運用を継続実行するためにも、5年後、10年後を見据えた未来像を設定しましょう。

    Point.04
  • Point.05 組織全体からの理解は
    得られますか

    プロジェクトメンバーが、人事制度作成にエネルギーを注ぎ込み、これを完成させたとします。しかし、組織全体が納得しなければ動きは鈍化。せっかく作成した人事制度は「形骸化」します。なぜこの人事制度が必要なのか。全社員にわかりやすく上記1~4のポイントを説明し、理解を得る必要があります。可能であれば、この4つのポイントを組織全体で共有、体験してもらうことができれば、さらに納得度は高まります。

    当事務所は実情に即した人事制度の構築、またすべての社員の方への周知・浸透をサポートすることが可能です。「経営のプロ」の専門家が集まる「社会保険労務士法人ことのは」に、どうぞお任せください。

    Point.05

CONTACT
お問い合わせ

「社会保険労務士法人ことのは」への
ご依頼、またはご相談は
お気軽に以下のフォームから
お問い合わせくださいませ。